無外流

無外流とは、1693年に流祖・辻 月丹が創始した剣術(剣法)の流派です。
現在では、主に居合の稽古がされています。我々無外流明思派では、居合(形)・組太刀・試斬を三本柱とし、真の斬れる居合の習得を目指しています。

稽古内容

居合(形)

主に、無外流居合兵道の形稽古を行います。
始めは、刀に慣れることから始まり、20本ある形の手順を覚えます。
それから、徐々に体の使い方などを修練していきます。

居合の形

五用(ごよう) 五箇(ごか) 五応(ごおう) 走り懸り(はしがかり)
真(しん)
連(れん)
左(さ)
右(ゆう)
捨(しゃ)
水月(すいげつ)
陰中陽(いんちゅうよう)
陽中陰(ようちゅういん)
響き返し(ひびきがえし)
破図味(はずみ)
胸尽し(むなづくし)
円要(えんよう)
両車(りょうぐるま)
野送り(のおくり)
玉光(ぎょっこう)
前腰(まえごし)
夢想返し(むそうがえし)
廻り懸り(まわりがかり)
右の敵(みぎのてき)
四方(しほう)

この他、内伝と奥伝の形があります。

組太刀

一人で形の稽古を行っていると、敵の動きなどを意識した動きが分からなくなり、武道の形のはずが踊りと変わらなくなってしまいます。
そのため、木刀をもって二人一組で立ち会う組太刀稽古を行うことによって、敵の間合いを習得します。

組太刀の形

太刀 小太刀 無外流剣術
(剣法)
四通 八通
北斗
太白
稲妻

流星
切留
突留
受流し
切上
位詰
獅王剣
翻車刀
神明剣
水月感応
玉簾不断
受流
咽中
三受留
突出
相寸
相寸(逆)

左輪
乳拂
受返
二刀合
擦込

試斬

居合の稽古で形を振っていると刃音がして、意識の上では斬れたつもりでも、実際には斬れていないことが多々あります。
ただ、刀を振るだけではなく、斬れる刀の振り方を習得するため定期的に試斬の稽古を行っております。

段位

無外流居合兵道の段位は、3級から始まり2級、1級と審査を受け、その後、初段から順に段位が上がっていきます。目安として、約1年程度で初段を取得いたします。

無外流居合兵道の修道の程度を、ひとつの屋敷に例えると以下のようになります。

初段 屋敷の「門」の前に辿り着いた処
弐段 門番に頼み込んで「門」の中に入れてもらった処
参段 門から屋敷の玄関まで歩いている処で、玄関までかなり遠く奥行きがあり、相当広い庭のある屋敷だなぁと感じている処
四段 やっと玄関に辿り着いた処
五段 建物内に声をかけ、玄関詰めの使用人を呼び建物内に入れてくれるようお願いしている処 【奥入書】
六段 なんとか建物内に入れてくれ、部屋に案内されている処
七段 部屋に通され、お茶が出た処 【免許】
八段 屋敷の主人が出てきて、話をし始めた処
九段 屋敷の主人に認可され、屋敷内の道場で門人たちと稽古をしている処 【免許皆伝】
十段 屋敷の主人に指導してもらっている処

流祖・辻月丹

流祖・辻月丹(幼名:兵内)は、慶安元年(1648年 徳川家光の世)近江の国甲賀郡 宮村字馬杉生れ、十三才の時京都で山口流の山口卜真斎について山口流剣術を学ぶ。

二十六才の時兵内は師匠より山口流の免許を認可、同時に江戸出府を許され、 麹町九丁目に道場を構え、山口流兵法の看板を掲げた。しかし、名も無い田舎兵法者として相手にされず、僅かばかりの弟子と稽古し、修行した。
また兵内は、学問と心の修養の必要を感じ、麻布吸江寺の石潭禅師に師事、 禅学と中国の古典を学んだ。 その後石潭禅師が遷化されたため、続けて第二世・神州和尚について参禅、兵内四十五歳の時悟りを開き、神州和尚は師石潭禅師の名で次の偈(げ)を与えた。

一法実無外(一法実に外無し)(いっぽう じつに ほかなし)
乾坤得一貞(乾坤一貞を得)(けんこん いってい を う)
吹毛方納密(吹毛まさに密に納む)(すいもう まさに みつに おさめ)
動着則光清(動着すれば光清し)(どうちゃく すれば すなわち ひかり きよし)

兵内を改め月丹資茂(げったん すけもち)となし、流名を偈よりとり無外流としたのは、元禄六年(1693年)の事である。
二十年の参禅により、一介の剣客でなく、剣者と共に禅者でもあり、学者でもあった月丹は、吸江寺を訪れる大名とも対等に語る事ができ、中には小笠原佐渡守長重、厩橋の藩主・酒井勘解由忠挙、土佐藩主・山内豊昌等がいた。
元禄八年(1695年)、江戸の大火によって月丹の家も焼失したため、それまでの弟子数は 不明も、元禄九年より宝永六年(1710年)まで十四年間の誓詞によると、月丹の弟子は、万石以上の大名三十二家、直参百五十六人、陪臣九百三十人とある。
一探求者としての人生を希望していた月丹は、大名家から、師範役として迎えたいとの度々の申し出を断り、厩橋藩(後年姫路藩に転封)酒井家には月丹の甥無外流第二代辻右平太を、土佐藩山内家には月丹の養子で無外流第三代、後継者の都治記摩多資英を推挙し、師範役とした。また伊勢崎の酒井家(分家)磯田某も右平太に学び、その流れは挙母藩(ころもはん、現在の豊田市)の内藤家に伝わる。

月丹六十一歳の時、酒井忠挙の取り計らいで、御目見得の儀として五代将軍 綱吉に謁見の許可が出たが、不運にも綱吉死去により実現しなかった。しかし、 一介の浪人剣客に御目見得の許しが出た事は当時破格の出来事であった。
剣者であり、禅者でもあった月丹は、剣と禅は一如であるとし、その内容・文章 の充実さに於いて一流とされる月丹が著した伝書「無外真伝剣法訣並序」の末文に、 「右無外真伝の剣法は禅理をもって教導致すところ、貴殿禅学御了知の上当流の剣法御懇望且つ御篤志につき…」とあり、門弟達にも参禅させ、禅学了知の上でなければこの「無外真伝剣法訣並序」を授けなかったようである。
月丹の没する三ヶ月前の姿は、袈裟を掛け、手には払子を持った高僧の姿で描かれているといい、また別の画には袈裟を掛けた姿ではあるが、右手に木刀を持ち、眼光鋭い剣者月丹が描かれている。

こうして家庭も造らず一生を不犯で通した月丹は、享保十二年(1727年)六月二十三日、 禅学の師・石潭禅師と同月同日、座禅を組み、念珠を左手、払子を右手に持って一生を閉じたという。七十九歳であった。

無外流居合兵道とは

無外流居合は正確に言うと自鏡流居合ですが、無外流の指南役が指導していたため、一般に無外流居合と称していました。無外流 流祖である月丹は自鏡流居合の祖・多賀自鏡軒盛政について自鏡流居合を学び、辻家代々自鏡流 宗家の指導を受けていました。

自鏡流居合は六代で後継者が絶えたため、無外流伝承者に受け継がれてきました。現在の無外流居合は、無外真伝剣法の中で伝えられた自鏡流居合を、無外流中興 の祖・中川士龍師範が無外流居合兵道として改めたもので、「無外流居合兵道」という言葉は、第十一代宗家 中川士龍申一先生の「造語」です。

自鏡流第五代宗家 山村 司 昌茂 先生に居合を教わり、無外流の稽古に本格的に取り入れたのは、第六代宗家 高橋 八助 充亮 先生とその弟である秀蔵先生であり、その居合を20本の形、3本の内伝に纏め上げたのが第十一代宗家 中川 士龍 申一 先生です。

現在、我々は第十一代宗家 中川 士龍 申一 先生が纏め上げ、名付けた「無外流居合兵道」を稽古しております。

系譜

初代 初代 辻 月丹 資茂 1648年~1727年 無外流祖 江戸
第二代 辻 右平太 ~1742年 江戸
第三代 都治 記摩多 資英 ~1761年 江戸
第四代 都治 文左エ門 資賢 ~1787年 江戸
第五代 都治 記摩多 資幸 ~1812年 江戸
第六代 高橋 八助 充亮 1750年~1809年 姫路藩
第七代 高橋 達蔵 充玄 1784年~1835年 姫路藩
第八代 高橋 八助 成行 1816年~1880年 姫路藩
第九代 高橋 哲夫 武成 1830年~1876年 姫路藩
第十代 高橋 赳太郎 高運 1859年~1940年 大日本武徳会
第十一代 中川 士龍 申一 ~1981年 居合道連盟
第十二代 中谷 臣志    
第十三代 白井 亮太郎    
第十四代 戸田 誠寿    
第十五代 岡本 義春   全日本剣道連盟
第十六代 小西 龍翁 御佐一   姫路・居合道会
  • 故中川宗家は生前、次代の継承を語ることなく亡くなられましたが、故中川宗家から「免許皆伝」の巻物を伝授された者が6名おり、その順に宗家を継承し、小西 龍翁 御佐一先生が現在、無外真伝無外流居合兵道の正統第十六代宗家を継承しています。(もう一人の「免許皆伝」受領者は、故長沢 正夫先生です)
  • 第十六代宗家 小西 龍翁 御佐一門下の免許皆伝者は、瀬賀 祥之、小西 新、為則 哲身、藤村 三千男、中谷 正也、古畑 公幸、島田 一良と新名 玉堂(明思派宗家)です。